消費者金融のりようにおける過払い請求とは」カテゴリーアーカイブ

過払い請求~消費者金融の体験談

初めて消費者金融からお金を借りたのは、20歳の頃でした。

旅行資金が足りずに軽い気持ちで融資を受けました。
その当時の利率は年率で30%近くあったと記憶しています。
当時の私は計画性に乏しく、また、物事を慎重に考えることができず、次々と他の金融会社からも融資を受けることになってしまいました。

支払いをするために他からお金を借りるといった悪循環に陥り、25歳の頃には4社からの借り入れが200万近くになっていました。
こうなると、いくら毎月返済をしても元金が減らず、その語、さらに10年近く、ずるずると利息の返済だけに明け暮れていました。

 状況が一変したのは、現在の職業について5年目でした。
総務部長が私を可愛がってくれていたため、思い切って借金のことを相談してみたのです。
その結果、社内融資を受けて全額を返済することができました。
それから数年後、電車の広告に「過払い請求」に関する記事があり、軽い気持ちで相談しました。

相談した司法書士の先生から、「長期間にわたり利用しているので、かなりの金額が戻ってくる」と言われ、半信半疑のまま、過払い請求を以来したのです。すると、3ヶ月後、1社から40万円近くが回収でき、続く半年間でさらに、70万、65万、50万円が回収できました。

回収額の20%が司法書士の先生に引かれましたが、その回収金によって社内融資を一括で返済しました。

 行動するかしないかで大きな差があります。
過払い請求に関しては、一度だけ司法書士事務所に足を運んだだけです。
長期間消費者金融を利用されている方は一度司法書士事務所か法律事務所に相談されることをお薦めします。

消費者金融の利用で過払い請求とはなにか?

過払い請求とはなにか?

その名の通り、消費者金融金融などの金貸し業者に払いすぎた利息を請求をする事である。

 そんなことが出来るのかと思う方もいるかもしれない。
しかし、こうした過払いの利息とはずばり言うと法律で定められた利率を超えたグレーゾーン金利である。なので、法律上ではこちらに正義と請求権があると言える。

 しかし、いくら法律上では正義だとは言え、不安に思う人もいるであろう。だから、過払い請求のメリットとデメリットをあげていこうと思う。

まず、メリット。当然借金が減る、そして払いすぎた利息も帰ってくる、それも自己破産などとは違い、誰にも知られず、またブラックリストにも載らずに。

 そして、デメリットは請求先の消費者金融からは二度とお金を借りられない可能性が高いという事、請求のための弁護士を探す手間があるという事。
もっとも後者については少額しか借りていない場合以外はメリットの方が大きいであろう。この二つを比べると、大抵のケースではメリットの方が上回っていると私には思える。

 そして最後に、この記事を見て請求しようと思った者は急いでするべきである。
完済十年後や、相手の消費者金融機関が倒産した場合は請求が出来ないからだ。